スペイン

マドリッド・トレド美術館巡り

ソフィア王妃芸術センターのエレベーター
ソフィア王妃芸術センターのエレベーター

ソフィア王妃芸術センター

注:この旅行記は1997年当時の記録を基に作成しており、写真も断りのない限り当時のものを使用しています。従って、現在の状況について保証するものでは一切ありません(「必ずお読みください(ご注意事項)」をご参照願います)。

 『ゲルニカ』で有名な「国立美術館ソフィア王妃芸術センター」はマドリッドのアトーチャ駅の向かいにあります。私は鉄道でトレドへ出かける前にここに寄って見ました。そのために時間が無くなり、トレドで色々見損ねましたが。

 建物自体は昔は病院だった古いものですが、外側に増設設置された2基のエレベーターが、なぜか妙に最新式のガラス張りで朝日にピカピカ輝いて目立っていました。

ソフィア王妃芸術センター外観
ソフィア王妃芸術センター外観

 入り口を入ってすぐ右側には大きなショップがあります。ここで売っている日本語ガイドブックは2種類あってクイックガイドが黒(「ガイド 短時間で見学 日本語版」71頁)、少し詳しいのが白(「ガイド 日本語版」195頁)でした。ちゃんと売場には「展示場所が変わってるけど、ガイドが新しくなってないの、ごめんね!」(完璧に意訳)とか貼り紙がしてあって、親切なのはいいんですけれど、やはりかなり不便でした。

ソフィア王妃芸術センター黒ガイド    ソフィア王妃芸術センター白ガイド
日本語ガイドブック類

 左側にはガードローブがあります。真っ直ぐ進んで廊下に出ると左右に切符売り場のカウンターがあります。私は日曜日に行ったので無料でしたが、入場券はくれました。絵はがきにもなっているエレベーターで上の階へと昇って行くと、常設展フロアーがあります。もっと上の階は図書館や資料センターになっているとのことです。常設展フロアーの廊下には何カ所かに天井から見取り図が下がっていて、そこにミロはここで見ろとかゲルニカ&ピカソはここね!とか指し示してありますので、それを見て何番の部屋へ行くかを決めることになりました。

ソフィア王妃芸術センター入場券
無料入場券

 以前の展示方法では、まず時代・傾向(「キュビズム」とか「40年世代」とか「シュールレアリズム」とか)で区分されていたらしいのですが、この時は作家別展示でした。ですから、好きな作家だけ見たいと言う方には便利でした。ガイドブックに書かれている従来の区分では、たとえばダリを見たいとすると、まず「キュビズム」の部屋へ行って、「シュールレアリズム」の部屋も抜けて、「写実主義」の部屋にも入って、最後に「ダリ」の部屋までたどり着くことになりましたが、今は11番の部屋に全てかためて展示してあります。

 やっぱりピカソを最初に見に行かなきゃなぁ、でも一番向こうの部屋だなぁ・・・(回廊になっているので、真ん中はパティオがある)。まあ、それでも『ゲルニカ』を見に行きました。従来展示されていた7番部屋の奥の殿堂から出されて6番の部屋にさりげなく掛かっています。ここも制服ガードマンがいっぱい立っていますが、人件費がかかるのでしょうね。このあたりの壁にはピカソがいっぱいでした。一連の『泣く頭(婦人)』や『死んだ子供と母』が並べられ、否応なしに『ゲルニカ』との関連を思わせます。『ゲルニカ』については、できればまた別に感想を書いてみたいですね。

ソフィア王妃芸術センター館内
ソフィア王妃芸術センター館内

 お隣はホアン・ミロ(ジョアン・ミロ)の部屋なのですが、息の長い方らしく1920年代から70年代までずらっと並んでいます。この美術館の目玉はもちろん『ゲルニカ』ですが、これは別格とするとやはりミロとダリの両巨頭の作品が展示も多く、また優れた作品があるようです。ミロの部屋は絵画のみならず彫刻もありますが、なぜかお隣の部屋とは見学者(鑑賞者)の数が全然違う。私は抽象画はダメな方なのですが(クレーもカンディンスキーもちょっと苦手)、ミロの色使いは好きで結構じっくり見ました。

 後はダリを見たいだけです。ダリの部屋は入り口に近いからでしょうか、かなり観客も多いです。私がここで驚いたのは、ダリが妹のアナ・マリア・ダリを1925年に描いた『後ろ向きの娘』と『窓際の少女』でした。両方ともモデルとなったアナ・マリアの後ろ姿を描いたものですが、前者は座って肩をむき出したもの、後者は窓辺に立って外を眺めています。黒い巻き毛のモデルにはエキゾチックな魅力があります。特に後者は写実的な作品に関わらず、窓から見える海の風景が不思議な超現実感を醸し出しています。気に入ったので、絵はがきも買いました。これらは、ここでの一番の収穫でした。もちろん、ダリのシュールな絵も楽しめます。『偉大なるマスターベーター』や『透明人間』などは、やっぱりダリだ!と叫びたくなるような強烈さでした。

ソフィア王妃芸術センターのエレベーター
ソフィア王妃芸術センターのエレベーター

 小さなショップはこのフロアーの8番部屋近くにもあります。1階入り口近くの大きなショップでは、もちろん関連書籍やリプロダクション、絵はがきやポスター、文房具なんかが売っています。私は『ゲルニカ』Tシャツを買いました。着る機会があるかどうかわかりませんが・・・。ここも日本の団体の方がとても多かったです。(97.04.30初稿、04.07.10加筆)

Tシャツ
Tシャツ

写真撮影:モリアーチー

『マドリッド・トレド美術館巡り』
戻る    次へ    目次へ


『スペイン』
目次へ

最終更新日08/01/14
初掲載告知日04/07/10

Copyright(C) profmoriarty(prof_m). All rights reserved.

AZAQ-NET無料サービス